Mid.Style

- ミ ッ ド ・ ス タ イ ル -

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

INTRODUCTION






 






ことばおきば。
(c)nico:)










[ATTENCION]
のぞんでも ねがっても かなわなかった いま を
いきているしあわせを つむいでいけたなら。








15.08.01[土]
































▼ ABOUT ME ▼










▼ CONTACT ▼








▼ PLEASE COOPRATION ▼








たいへんおせわになっております。

 

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼はクッション


[c]nico:)

クッションみたいだ。


わたしは今日、彼と初めてあった。

でもわたしは彼のことを知っていた。

なぜなら友人から彼の話を聞いていたからだ。

とてもすてきなひとなんだ、と。

わたしのなかでは”彼”の人格が確立されていた。

でも彼にあったとき、それはあっという間に崩れ落ちた。

違った。

やはり人間というものは、わからないものだ。

自分の目でみて、自分のものさしでひとをはかる。

わたしと彼女が似ていて、彼女と彼が似ていても、

わたしと彼が似ているわけではないのだ。

やわらかくて、ふわふわした。

それでいて思いのほか高反発な。

やはりわたしは彼とは似ていない。

わたしはそんなに白くない。

もっとどろどろで、比べてはいけないような存在なんだ。

わかっていたつもりなんだけどね。

今日改めて痛感したよ。

ただ先入観というのはこわいものだ。

それひとつで関係を変えてしまうのだから。

わたしは彼をすきにはならない。

決めたんじゃなく、決まっていたんじゃなく、

ただ、そうなんだ。

わたしは彼をすきにはならない。


やっぱり彼は、

クッションみたいだ。
スポンサーサイト

ねじれのカンケイ


[c]nico:)

なんで、このタイミングなんだろう。

人生というのは、本当にわからないものだ。


少し前なら、きっとすべてがうまくいっていた。

ただそう思うだけで、わたしは彼女に何もしてやれない。

「あなたがどういう決断をしても、それは悪くないし、間違っていないはずよ。」

なんて、ただただキレイなことば。

わたしの中では、精一杯の想いを込めたことば。

彼女には、伝わっただろうか。届いただろうか。


ぐちゃぐちゃ、ぐるぐる、もいちど1から。

そんなエンドレスな思考の中で、自分なりの答えを、

彼女は見つけ出せるだろうか。


もしも、わたしの思う「最悪」が、

彼女にとっての「いま」だとしたら。

たぶん、悩んで、悩んで、怖くて、逃げてしまうだろう。

本当にわたしには何もしてやれない。

なんで、わたしは何もできないの。


ちがう。

嘆く前に、わたしが彼女にできること。

何かないのか。

なにか、わたしにできること。

なんだ、わたしにできること。

born once again.


[c]nico:)

もういちど、できることなら、やりなおしたい。


”できることなら”なんて。

できないってわかって言ってる。


時間は何でか止められないし、巻き戻すこともできないし、進めることもできない。

ただ生まれたときから、死ぬ運命。

いろいろ回り道して、最後は同じところに行き着く。

最初は、生。

最後は、死。

これは必ず決まっていること。

この世界のルール。

破る者は、誰もいない。

破ることができる者も、誰もいない。


ただ世界は廻る。

自転という名の時も、止めることはできない。

不可能。

―絶対?


自分にないものが欲しくて、食べてみたり、叩いてみたり、壊してみたり。

目にみえないものが欲しくて、一緒にいたり、傷つけてみたり、失くしてみたり。


必要とか、不要とか、いろいろ考えてみて、

結局不要なものなんてたくさんすぎて、

でも不要を取り除いちゃうと必要が裸になっちゃって、

大切なものが守れない。

ありのままで、傷ついて、傷つけて、戻らなくて。

結局、何のために?って、エンドレス。


また生まれ変わっても、この世界が終わっても、

そんな確信なんて、あるようでない、

雲みたいに、掴めそうで掴めない、

甘い綿菓子のような言葉だけで、

愛したり、愛されたり、傷ついたり、

傷ついたり。


オムニバスのように見えて、実はそうじゃないかもしれない。

時は何かに繋がっているかもしれない。

愛は何処かに行き着くかもしれない。

確信なんてなくて、それでも信じたいなんて不確かなことを思ってる。


もういちど、できることなら、やりなおしたい。

もういちど。

生まれ変わることはできなくても、

Re Start.


それが、この世に産み落とされた、

わたしなりの、

もういちど、生まれる。

わかったつもりの、未成熟。


[c]nico:)

734戦10勝。

これがわたしの成績。

勝率は1パーセント。

今はその1パーセントの維持に必死。


きみは何が言いたいの?

と問われると、

わたしは少し迷ってしまう。

迷うと言っても選択肢はない。

同じニュアンスの言葉の中で迷っている。

つまり答えは決まっている。

ただ表現方法が決めきれないだけ。

どの道伝えることは変わらない。

でもその方法が大事なんだと、無意識のうちに悩んでいる。

その事実にわたしは気づいていない。

今は。


結果が同じでも、経過が大事なんだと。

何度か言われた。

努力の末の敗退なら構わない、と。

ただ努力せずに敗退したなら、それはいけない、と。



わかったつもりの、未成熟。

ダイナリショウナリ。


[c]nico:)

人は犬以下か。

犬は人以下か。

ひともむしも爬虫類も両生類もみんなみんなみんな。

同じ1つの命だろ?

だからって、

だからなにとか言うつもりはないけど、

「犬以下」もなにもみんな価値は同じなんだから

以下も以上もないんだよ。

そら価値観はひとそれぞれだ。

お茶碗にごはん一粒残ってた。

「あ、もったいない。食べなきゃ」って思うか

「まあいんじゃね」って思うか

それは人それぞれだとおもうよ。

蚊を殺した。

「やったぞ」って思うか

「ごめんね」って思うか

それも人それぞれだとおもうよ。

そりゃあそうだけど、

でもだけどだからって。

人類には命の価値見定めるチカラはないよ。

”人類には”じゃなくて”生物には”かもしれないけど。

そんなことわかんないけど。

「命」に以下とか以上とか大きさを比べることばは使えない。

MAIL pop up


---------------------------------

上のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ボウのカケラ

ABOUT ME




▼ABOUT ME▼





なまえ:にこ
好きなもの:音楽

すきなことをしたいです。
気楽にいきたいです。







LINK

COUNTER

FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright © Mid.Style All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。