Mid.Style

- ミ ッ ド ・ ス タ イ ル -

10« 2017.11 »12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

INTRODUCTION






 






ことばおきば。
(c)nico:)










[ATTENCION]
のぞんでも ねがっても かなわなかった いま を
いきているしあわせを つむいでいけたなら。








15.08.01[土]
































▼ ABOUT ME ▼










▼ CONTACT ▼








▼ PLEASE COOPRATION ▼








たいへんおせわになっております。

 

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもすきなんだ


(c)nico:)

うしなうことがこわいから、

なにかをすきになるのがこわいの。

くずれてゆくところを目の当たりにする

そのつらさを、かなしさを

しっているから。
スポンサーサイト

しあわせ


(c)nico:)

いってきます。きょうもいちにちがんばるよ、

かえったらまた、いつものようにぼくをわらってむかえてね。

ただいま。きょうもいちにちがんばったよ、

まいにちまいにち、おなじようなことのくりかえしだけれど、

まいにちまいにち、ことばがこだましてくれることに、かんしゃをしなくちゃ。

ありがとう。

すきって


(c)nico:)

すきになるのが怖い。

すきになって、すきになりすぎたら、

かなしくなって、きずつくだけだから。

でも、すきにならなかったら、

かなしみ以上のしあわせも、体験できない。

すきになっちゃったんなら、しょうがないでしょ。

すきにならなきゃ、なにもはじまらないでしょ。


いいなよ。

いまはきづけない


(c)nico:)

今この瞬間にこの世界で消えてしまう命は

どれほどあるんだろう。

今この瞬間にこの世界で消えてしまった命は

どれほど生きたいと願ったんだろう。

今がなにより苦痛で、窮屈で、大嫌いだと思っている人は、

生きたいと願って消えた命に、どんな思いをさせたんだろう。

あの日の今日


(c)nico:)

あの日、行けなかった花火大会。

家でひとりきいていた、火薬の爆発音。

いろんなものに縛られて、

何ひとつ自由じゃなかった、あの頃のわたしの手足。

もう後悔はしないと決めたのに、

わたしは今も、あの頃のまま在り続けてるんだ。

それはすごく、悪い意味で。

急ぐのは、いけないんだ、わかってる。

進まなきゃ。

もう今日は二度と来ない。

今日がおわって、また今日がくる。

わたしたちに、あしたはない。


在り続けるんだ、わたし。

今度は、悪い意味じゃなくて。

彼はクッション


[c]nico:)

クッションみたいだ。


わたしは今日、彼と初めてあった。

でもわたしは彼のことを知っていた。

なぜなら友人から彼の話を聞いていたからだ。

とてもすてきなひとなんだ、と。

わたしのなかでは”彼”の人格が確立されていた。

でも彼にあったとき、それはあっという間に崩れ落ちた。

違った。

やはり人間というものは、わからないものだ。

自分の目でみて、自分のものさしでひとをはかる。

わたしと彼女が似ていて、彼女と彼が似ていても、

わたしと彼が似ているわけではないのだ。

やわらかくて、ふわふわした。

それでいて思いのほか高反発な。

やはりわたしは彼とは似ていない。

わたしはそんなに白くない。

もっとどろどろで、比べてはいけないような存在なんだ。

わかっていたつもりなんだけどね。

今日改めて痛感したよ。

ただ先入観というのはこわいものだ。

それひとつで関係を変えてしまうのだから。

わたしは彼をすきにはならない。

決めたんじゃなく、決まっていたんじゃなく、

ただ、そうなんだ。

わたしは彼をすきにはならない。


やっぱり彼は、

クッションみたいだ。

破りたかったもののすべて


(c)nico:)

かわりたい

いまの自分から。

かわりたい

かっこつけてる、言葉だけの自分から。

あなたも、わたしも

なんにも自由じゃないのよ。

誰も縛っていない世界でひとり。

ひとりひとりがみんなが縛られて生きてるの。


かわりたい

いまの自分から。

願うだけじゃ、だめなの。

夢は見るものではなく、叶えるもの。

まずは一歩、踏み出すのよ。

そこからすべてがはじまるの。

ねじれのカンケイ


[c]nico:)

なんで、このタイミングなんだろう。

人生というのは、本当にわからないものだ。


少し前なら、きっとすべてがうまくいっていた。

ただそう思うだけで、わたしは彼女に何もしてやれない。

「あなたがどういう決断をしても、それは悪くないし、間違っていないはずよ。」

なんて、ただただキレイなことば。

わたしの中では、精一杯の想いを込めたことば。

彼女には、伝わっただろうか。届いただろうか。


ぐちゃぐちゃ、ぐるぐる、もいちど1から。

そんなエンドレスな思考の中で、自分なりの答えを、

彼女は見つけ出せるだろうか。


もしも、わたしの思う「最悪」が、

彼女にとっての「いま」だとしたら。

たぶん、悩んで、悩んで、怖くて、逃げてしまうだろう。

本当にわたしには何もしてやれない。

なんで、わたしは何もできないの。


ちがう。

嘆く前に、わたしが彼女にできること。

何かないのか。

なにか、わたしにできること。

なんだ、わたしにできること。

THE END


(c)nico:)

彼は、きみと出会って、

生まれ変わったように、変化することが出来た。


互いに求めあい、

深く、深くつながりあった二人をみて、

終わりの時が怖くなってしまうのは、

おかしいんだろうか。


甘く、幸せな時間の中で、

ふと、終わりを感じてしまうのは、

おかしいことなんだろうか。


始まれば、終わるんだ。

でも、終わりかたは、ひとつじゃない。


ひとつじゃない。


(c)nico:)

だめ。

ことばにすると、ばれてしまう。

わたしのなかの、黒く濁った、汚い部分。

だれにもみせてはいけない、わたしの影。


すきなのよ。

だから、きらいなのよ。

MAIL pop up


---------------------------------

上のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ボウのカケラ

ABOUT ME




▼ABOUT ME▼





なまえ:にこ
好きなもの:音楽

すきなことをしたいです。
気楽にいきたいです。







LINK

COUNTER

FC2Ad

  [D]esigned by 218*
Copyright © Mid.Style All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。